磯竿には死兆星が見えていたのか(長編)

Posted by やっさん on 03.2009 海・その他 0 comments 0 trackback
2009.12.1(Tue)AM~PM


釣行場所:檜山管内(日本海側)磯・漁港
ターゲット:ロマン輝くエ…じゃなくホッケ
同釣者:T氏(チームT所属)


前回予告していた冬の日本海ホッケツアー当日
自分の興奮は絶頂に達していた。
新しい磯竿を撓らせることを何度想像したことか。

早速T氏を迎えに行き合流し、
いざ妊娠中のホッケちゃんが待つ瀬棚町へ―

車で走ること約2時間。
ようやく現場に到着。
着いた場所はホッケ釣りの聖地。
HYM03.jpg
↑この場所は通称『神社下』といって週末には大勢の人が集まります

まずは、自分が幼い頃に途中まで登るも過酷過ぎて断念した
ありえねぇ~クラスの、どS石段神社【太田神社】を見学
HYM01.jpg
↑このアングルだと一見普通に見えますが…
HYM02.jpg
↑このアングルだとどうでしょう?命綱が過酷さを物語っています。

一瞬登ってみるかと思ったが、今回の目的はホッケ
またの機会に、と割り切り現場へと向かう。

現場に着くと約4名の釣り人を発見。
釣果を聞くもパッとせず。
しかし、いきなり群れが入ってくると爆釣モードになるので
ひとまず準備をして釣り座を構える。

約30分間頑張るも
あいつら(ここではホッケのこと)はここへ全く顔を見せず
場所移動が決定した。

移動中の車の中でT氏と
「あれ~??今日ヤバいんでないの?」と
まさかの聖地裏切りに動揺をひた隠すことが出来なかった。

次のポイントは風をかわす事が出来る磯ポイント。
先客が先端に居たので、まぁ便乗できるかと思い入釣。
段々になっている磯独特の地形状況に
足が馬鹿になりかけながらも現場に到着。

先客の老夫婦に状況を確認。

あれ??ちっちぇ~な…。

予想では30cmクラスのメタボ気味の抱卵がいっぱい
かと思っていたのだが、予想に反し
アベレージサイズは20~25cm。
やめようか?とも思ったが、生命反応がある以上
挑戦しようということで別の場所に釣り座を構える。

小1時間が経過―
T氏はワームなどを駆使し良型を数匹GET。
自分はルアーロッドを持参しなかったため
磯竿と普通の3.3mの投げ竿でひたすら粘る。
しかし、身持ちの悪い喰わせエビでは
小さなタナゴに摘まれて終了。

ここ(瀬棚町)まで来てボンズ?

という不安が押し寄せてくる。
もう形振り構っていられないので、ホッケが集まっていると
思われる老夫婦ポイント隣に入る決意をし
老夫婦にお願いしに向かった。

「あの~・・・(モジモジ)、自分何にも釣れてなくて困っているんです。
場所…(モジモジ)隣に入ってもいいッすか?」

予想に反して快く快諾してもらい
隣で再度ウキを投じる。
が、ここでもエビだけ取られ食いつかない。

終わった・・・―
と、思った瞬間、隣の貴婦人がエビ粉〆サンマを取り出し
自分のところに持ってきた。

「それじゃ、餌をとられて終わりだよ。コレ小さくして使いなさい」

神様だ!!
神様だ…素敵過ぎます!!

早速餌を取替えリトライ。
撒き餌で群れを召還し、待つこと数分。
団体さん到着!!
よっしゃコイコイ!!
それからまもなくウキがググ~と沈み出したので
合わせるとHIT!!

撓ります!
いつぞやのTVで見たあの撓りっす!
いいね~♪たまらんっす♪
ということでようやく1匹GET(25cm位の抱卵♀)

それからポツポツGETし、角バケツ3分の1まで到達。
ちょっと少ない気もするが、とりあえずボンズは回避。
安心して暗くなる前に帰ろうかなと思っていたら、
遅れて登場してきた大柄のお兄さん??おじさん???が
「漁港で沢山釣れたねぇ」と言う情報を提供してくれた。

じゃあ、あんた何でこっちに来たの?矛盾してない?

と、ガセ臭がプンプンしたが
帰りがてら様子だけでも見ることに。

漁港に到着。
釣り人2名。

あの野郎!!やりやがった!!殴ってやる!!
と、怒りがMAXになるも、とりあえず2名のクーラーを拝見。

ずっしり

あ、ホントだ…。
ごめんね。お兄さん♪

先客の2名はもう釣り飽きたようで
その場所をそのまま譲り受け、撒き餌でホッケを寄せる。
撒き餌を撒くと同時に群がる魚群。

こっちの方がいるじゃん!
まもなく入れ食いタイムスタート!!
うわー!!超楽しい~♪とバンバンホッケを上げていると
いきなりウキがスッと消え、アワセると今までに無いアタリ!
水面まで上げると今日1サイズのホッケです!
いよっしゃ~♪と水面からホッケを陸に上げる。
無事に陸まで上がり針を外そうと竿を持ったまま
ホッケをつかもうとした瞬間…

バキンッツ!!!!!

HYM05.jpg
↑磯竿昇天…魂が入ったその日に逝ってしまいました…

思わず、
「あ~~~~~!!折っちゃった!!」と叫ぶも時既に遅し。
しばらく放心状態になったが、気持ちを切り替え、
もう1本の竿で再度入れ食いタイムを満喫。

途中外道で平物が釣れたりとそこそこ楽しめました。
T氏はというと、途中からロックフィッシングに目覚め
密かにソイGETしてるし…。
HYM04.jpg
↑アレ?このソイはもしや?!

で、完全に暗くなったのでゲームセット。
コレが2人の釣果です。
HYM06.jpg
↑こんなに釣れたのは初めて!!車まで持っていくのが辛かった・・・。

それから帰路へ着き
恒例のお裾分けタイムをしたことはいうまでもありません。

いい情報があれば
また行きたい所ですね。
磯竿は持って行きませんけどw
お金を貯めていい物買うまで我慢ッすね。


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment

    お名前:
  • タイトル:
  • メールアドレス:
  • URL:

  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://yassann72.blog37.fc2.com/tb.php/97-eb2f103f