スポンサーサイト

Posted by やっさん on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験!!密集地帯!!【1】

Posted by やっさん on 12.2010 海・サクラマス 0 comments 0 trackback
2010.3.12(Fri)



釣行場所:函館市港町埠頭+GS(Gomezスポット)ほか
ターゲット:桜鱒+あわよくばホッケ
同釣者:同僚のA氏、A氏(チームT)※特別ゲスト:塾長・Gomez両氏




先日よりフィーバーしたと言う情報が流れた
港町埠頭。(もう場所を隠す必要無し)
最近リンクさせて頂いた【B~MASTER'S ROOM】のビガーさんや
頻繁にコメントをもらっている【北海道Enjoyナビ】のヒューマさんが
大変いい思いをしたようで、それならばと
この日は同僚のA氏と日本海方面へホッケ遠征を
する予定だったのだが、急遽変更しフィーバーを
味わうと言うことで一致。


当日、港町埠頭の開錠はAM7:00。
パチンコ屋の開店待ちみたいにしたくないので
別のポイントに入り、同僚のA氏にルアー釣りのレクチャーをする。
その間チームTのA氏も近所だったので様子を見に来てくれ
3人で竿を振る。

自分に一度、魚種は不明だが
何らかの魚が追ってくることがあり、熱くなりかけたが
その後何もなく移動を余儀なくされた。
(チームTのA氏、多忙な中来てくれてありがとうございます!!)

こうして、いよいよ本命・港町埠頭に到着。
mina01.jpg
↑コレを撮った時間がPM2:30頃、午前中はもっと人が凄かった。

サーモン期間中の上の国石崎漁港よりヤバイ光景を
目の当たりにし、動揺しかけたが
出来そうな場所を探す為、車を停め徒歩で場所を見つける。

そんな中、近くでサクラがHITし、海面でバシャバシャ。
そのままぶっこ抜こうとしている爺さんが居たので
丁度持っていた6.3mのタモ(チームT:T氏より借用)でネットイン。
45cmはありそう…。コレをぶっこ抜こうとする爺さんって…

そうこうしている内に至る所でHITしていて
早く自分も竿を振りたいと必死にスペースを探し
ようやく発見するも、

心の隙間の無い悲しい爺さんの悲しい発言

「俺は竿を横にシャクる事しか出来ないからダメだ」

と言うことで断念。
とぼとぼ再度場所を探そうとすると
その丁度右隣に居た30代半ば位の男性に
「自分帰りますんで、どうぞ使ってください」と神的発言。

モラルがあるのは爺か男性か?
は、まぁ、いいとして早速竿を投じる。

数時間たっても何も無し。
周辺で何匹か釣れるものの爆発的とは言いがたい。
ダメっぽいな…と落胆していると

見たことのある1BOXカーからケータイで盗撮しようとしている
黄色い方がいた。あ、Gomezさん…。

どうよ?とばかりに釣果を聞かれるも、
ダメッす。としか話す事が出来ず。
話している最中も横の爺に変な圧力を掛けられるし
どうしようもない…。

別の場所で、スペースが無いにも関わらず
爺に割り込まれたA氏も怒り心頭でこちらに戻ってきて
もはや手詰まり。

これはGomezさんに頼むしかない。
ということで魅惑のGスポットにガイドを依頼。そして移動。

GSでは生々しい血痕の跡(前日にGomezさんが仕留めた跡)があり
やる気が出るも、Gomezさんにスーパーヤマメが1匹追う位で
釣果を得ることが出来ず、再度港町埠頭に戻ることに。

先ほどより、釣り人の量が減り
釣り易くなり、釣り再開。
Gomezさんは仕事があるので睡眠するためここで帰宅。

しばらくすると塾長が登場する。
が、状況が変化することなく
塾長も別のところへ調査のため解散。

時間も丁度お昼を迎えてきたため
一旦リフレッシュの為、近所にある
みなと食堂で遅い朝食兼昼飯をとる。

初めてみなと食堂に行ったのだが、
なかなかの客足で、味の方も満足。

満足したところで、後半戦スタート。


----- つづく -----









スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment

    お名前:
  • タイトル:
  • メールアドレス:
  • URL:

  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://yassann72.blog37.fc2.com/tb.php/136-8aa6fce3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。