FC2ブログ

赤い魚。

Posted by やっさん on 26.2019 海・根魚全般
おっさんは「まどマギ」好きです。
【2】のほうが好きですが、【1】も好きです。
中段チェリーの確率は1/32768。
1日頑張って回しても出るか出ないか。


この確率で行くなら中段チェリー引くよりも
宝くじで当たったほうが恩恵がありそうな感じがします。


どうも83です。



2019年といえば
「平成最後」「平成最後」
何かあれば「平成最後」ってめんどくさいですが、せっかくなんで
新しい年号はできるだけ簡単な文字並びがいいですね。

明治…M
大正…T
昭和…S
平成…H
次…の予想はどうなることやら。


最近使ってないアルファベットだととしたらCDEFG…あ、いっぱい💦
安全・・・安心…とか安易なものは遠慮したいですが。
(安心元年とか笑える)


さてそんなこんなで
2019年が始まり、そして終わっていくのでしょうけど(1年はあっという間だ)


今年の正月は年末の大掃除で見落とした個所の
追加掃除ばっかりしてました。


風呂場の見えないところのカビを落としたり
洗濯機の洗濯槽のカビを落としたり
切れなくなった包丁を研ぎ直したり

004_20190116190551cc6.jpg


普段の休みではできないことをせっせとしていたら
神様が来てくれました。


1/32768を見事ゲットし
その見返りは風呂場の混合シャワー水栓へと変貌を遂げてくれました。
2年間くらいシャワーの温度調整がきつかったのでうれしい♡



で、最近またお誘いが来たので沖へ



またしても新魚種ゲットです。
そろそろ【フィッシュファイター】を更新しなければ。
(わかる方はかなりの通です)



今回ゲットした新魚種は
こちら。


005.jpg


最後の最後に獲らせていただきました。
ありがたいことです。
(2/4尾は頂きものです✨)


普段は刺身を好んで食しませんが
この赤い魚は刺身でおいしくいただけました。
旬な魚はおいしいですね。



次の日、釣具屋に
仕掛けを探しに行ったのは言うまでもない。



またせっせと掃除に勤しみます。
次は台所下をキレイ化計画中83。



スポンサーサイト



新魚種!

Posted by やっさん on 16.2019 海・根魚全般
2018夏。
そう、この辺で更新がストップしてます。
それでも、「もしかしたら」と閲覧してくれている約5名の皆さん。
こんにちは!


細かすぎて伝わらないモノマネが好き
どうも、83です。


釣りに行っていなかったわけじゃないのですが、
かといって、簡単に更新できそうなSNSにUPしていたわけじゃない。
多忙を更新してない言い訳にしません。


単に「めんどくさかった」だけです(笑)



さあて、2018年夏からの釣行記を思い出して…
思い出して…








というわけで、最近の釣果を


めっきりショアから釣りしなくなった
(メンドクサイ人に会いたくないもんね)
ので、タイミングが合うときに沖に連れて行ってくれる方と
年末位に下海岸ZONEにふら~っと連れて行ってもらいました。


ターゲットは魚ヘンに雪と書いて【鱈(タラ)】です。※真鱈
小さいころ、兄が「カツオ」と呼ばれていた時期があり
弟の僕はなぜか「タラちゃん」と呼ばれていたことがありました。


よく考えてみると
カツオとタラちゃんの関係は兄弟ではないので
さすが子供が考えるくだらないあだ名だと思いますね。



まぁ、そんなことは置いておいて



今回の鱈釣りは
初釣行。鱈釣りがつまらないという意見もチラホラ耳にすることが
ありますが、初めてってなんだかんだドキドキするもんです。


鱈ぼっこ(棒)に針を付けて150mくらい海底にドコッと落とし
シャクってタラにアプローチして食ってもらうシンプルなゲーム。
鱈ぼっこ(棒)以外にも
胴付き仕掛けとか1,000g前後のジグを投入するジギングもできます。


当日は風・波もなく、コンディション✨
こんな時ほど釣れない気しかしませんが
潮の流れがなくなってきたと同時に


ようやく僕の竿に魚の反応。


しかし、本命のタラではなく
【高級魚】ホッケ!


相方さんはサクサクっと
本命・タラをゲットしてました。
(サイズは70cmくらいで5kgオーバーくらいかな)


僕にはなかなか反応がないので
見かねた相方さんがジグを貸しくれます。
(貸してくださいと目で訴えました)



ジグに換えて1投目。
そこを取って1シャクリ目でHIT✨
ホッケとは明らかに違う竿先に掛かるテンションに
僕のテンションもアップ。


140mラインくらいで
電動リールが停止してしまい
自(分で)動(かす)リールになってしまい
大変な目にあいましたがなんとか本命をゲット。

002_2019011618461675b.jpg



とってもエキサイティングなゲームでした。



自宅に帰り釣れた鱈のお腹を捌くと
きれいなタチ(白子)が


003_20190116184627af1.jpg



僕は食べられませんので
お隣さんと親に献上。



身は鍋にぶち込んでおいしくいただきました。



次の日、足りない鱈釣り道具を買いあさりに
釣具屋巡りをしたことは言うまでもない。