タモ主任の昇格。

Posted by やっさん on 29.2010 海・サクラマス 4 comments 0 trackback
2010.4.29(Thu)

AM10:30~



釣行場所:知内町
ターゲット:サクラマス
同釣者:T氏・N氏(チームT)




最近、魚を見失いつつある今日この頃。
打開策が必要じゃないかと感じ始める。
と、いうことで本日は休日が一致したこともあり
今期サクラマス絶好調のT氏と一緒に
知内町へと車を走らせる。

現場に到着すると暴風気味。
とりあえずキャストできるところ、つまり風を避けれるところで
キャストを開始する。

開始と同時に
そんなもんイルカさん登場。

ko01.jpg
↑シャッターチャンスを逃す…というか撮れる訳が無いと感じました。

本当は写真上部にパンダ柄をしたイルカさんがいるわけで
これを見た瞬間、今日もダメだと感じました。(切実)

でも、そんな状況を打破するのがT氏。
茶色っぽい魚体をルアーに追走させる。
そしてUターン。(非常に惜しかった)

生命反応を感じ所構わず打ちまくるも
それからは反応が薄く、追い討ちを掛けるかのごとく
大雨。そしてずぶ濡れ。

お昼近かったこともあり
一旦木古内町まで戻り、T氏オススメの
蕎麦屋(?)石川屋で昼食をとる。

ジャンボチキンカツ定食を食べ気力回復。
後半戦へと望みを繋げる。

後半戦開始。
ここでチームTのN氏(スランプ中)が登場。
相変わらず風は止まないが、一方雨は止んでいるので
幾分やり易くなり、ひたすらキャスト。

時間とやる気を一気に消化したその時、
T氏の竿先に劇的変化が!?

ぬぅぉお~!
(T氏の声)

この諦めかけていた状況で
会心のHIT!!そして今までに無い竿先に掛かるパワー!!
コイツは大物だ。と直感した
タモ主任(自称)である自分は一気に自分のルアーを巻き取り
ランディング準備を取る。

ヤツはまだ出てこない。

ギラッ!!

でっか!!!!!

目視でも裕に60cmはあるだろう魚体に
HITさせた本人ではない自分がなぜか緊張。
これをタモ入れ失敗したらヒラへの降格は確定だろうと
背水の陣で挑んだ一回目のランディング。

もう少しのところで潜られ、まさかの失敗。

しかし、ボール(魚)はまだ生きている!
海底へと逃げ場を探すサクラを必死でこちらに寄せるT氏。
数分の時間を掛け、そして再び魚体が浮いてくる…

今だ!

ヒョイ!!

2回目でランディング成功!!
まるで鮭の様な魚体をT氏に手渡し、
雄叫びと共にT氏と歓喜のハンドシェイク!!

これが会心の一撃魚。
ko03.jpg
↑超うれしい顔をしているとだけ補足しておきます。
ko02.jpg
↑釣具屋でサイズを測ると64.5cm・3.4kgまさに怪物。

落ち着きを取り戻した3人は
まだ怪物はその辺にいるかもしれないと
懸命にキャストを続けるが日没により試合終了。

またしても自分には魚は掛からなかったものの
少しは目の保養になりました。



あんなの掛けてぇ!!
N氏、一緒に頑張りましょうね!!マジで。



今回の件でおそらくタモ主任から係長に昇格しました。
こうなったら、タモ入れ業界の島耕作を狙いますから。



今回のタックル等 
■ロッド
MajorCraft TrouTino TT-1002HH
■リール
SHIMANO '10NASCI C3000
■ライン
Daiwa JUSTRON 3号Blue
■HITルアー
…。因みにT氏のHITルアーは
Press Bait KAMUY 25g グリーンバックです。




あ、これ前回のネタに張り忘れた画像です↓
j01_20100429234724.jpg
↑埠頭でサクラを狙うフリをする塾長。


スポンサーサイト

お蔵入りネタでもいいレベルの釣行。

Posted by やっさん on 28.2010 海・その他 2 comments 0 trackback
こんなに釣行時期と更新日にタイムラグがあるのは
仕事が多忙なせいにして…
まぁ、一応釣りには行ったので

巷で話題の簡易版にてお知らせします。


2010.4.24(Sat)

AM4:30~



釣行場所:市内某所~北斗市方面
ターゲット:ポイントA・Bサクラマス ポイントC・D・Eカレイ・ホッケ
同釣者:同僚A氏+ゲスト・塾長



■ポイントA■
今回も前回に引き続きマル秘ポイントにて
サクラマスを狙う。も、
自分にはホッケらしきアタリ2発(勿論ノリません)
同僚のA氏には当たりすらなく終了。

目の届く距離で若い男性アングラーが
40cmクラスのスリムサクラGET。
このぐらいしか目ぼしい情報は無かった…。

意外とベタ凪だったのがかえってダメだったのかも。

■ポイントB■
暇つぶし感覚で港内スレ中毒サクラを狙ってみる。
この付近では当日2,3本のサクラが揚がったらしい。
(基本おじさんの情報は話20%レベルでしか聞いてませんが。)
数10分粘るも特に反応が無く、
ダベリモード。(小1時間は喋っていたか…)
隣の兄さんが「追って来た!!!」と興奮して報告してくるも

自分達は微動だにせず、ひたすら下ネタトークに夢中。
(朝っぱらから)

船が来るということなのでここで終了。



山菜でもやるかと
師匠に状況を確認すると
山中に入らないとイイ物が採れないという助言を受け
今から入るのは遅すぎると判断し、山菜取りは断念。
(クリッパさん今度は頑張ります!!)
ついに秘密兵器【イソメ】を使用する決心を固める。

■ポイントC■
道中【釣具の2番】にて鮮度抜群の
最終兵器【塩〆イソメ】を購入。
例年この時期にお手ごろなカレイが釣れるポイント。
ボンズは無いだろうとタカを括ったのが間違い。

横風強し、小アタリ1回。
あまりに渋すぎなので場所変更を余儀なくされる。

■ポイントD■
サクラマスでフィバったこの場所に到着。
ホッケぐらいは居ないかな?と釣り人に確認すると、
「ずっと奥で2本揚がっただけ」と…

釣り人は30人以上居るのに2本って…
ある意味サクラより効率が悪いと判断し
更に移動。

(途中、港町に居るのでいつもの【みなと食堂】にてとりから定食を食べる)

■ポイントE■
ここも釣り人は多いものの釣果は激渋…。
途中、なぜか塾長に見つかってしまい
自分の車にビタ付けされる。(いわゆる圧力というヤツですね)

何を狙っているのか?をいとも簡単に的中されてしまい
(どうせカニカレイだろ?って)
さすが同級生と感心してしまう。

でもって、肝心な釣果も
保安官×5枚で終了。(5枚重ねて五重塔…勿論しました。)
釣りより話に夢中になった釣行となりました。


こんなことだから、
「真面目に釣りしてねぇ!!」と某釣具店員さんに
怒られるんですね。

まぁ、楽しかったからOKOK。

次(こそ)はやったりますよ。




今回のタックル等 ポイントA・B
■ロッド
MajorCraft TrouTino TT-1002HH
■リール
SHIMANO '10NASCI C3000
■ライン
Daiwa JUSTRON 3号Blue(いい加減PE使えよって話ですけど)
■HITルアー
…。
今回のタックル等 ポイントC・D・E
■ロッド
MamiyaOP CENTURY 振出 SEA FIGHTERⅡ30-330
■リール
SHIMANO '05AERNOS XT C3000
■ライン
SUNLINE テーパーヤーン3号
■エサ
塩〆イソメ(釣具2番で購入)
■釣りスタイル
投!!



早いもので…

Posted by やっさん on 23.2010 旧【やっさん】倉庫 4 comments 0 trackback
早いもので、4月23日で
このブログを開設してから丁度1年が経過します。

始めた時は、何が何だかわからず
自分の持ち味を活かしきれなかった感じがありましたが
釣猿の首領・スーさんに最初に発見され、リンクして頂いたのや
同級生でめだか塾の総裁こと塾長の紹介(のようなもの)等をきっかけに
多くの方々と出会うようになり、
現時点で自分の持ち味を最大限に活かした
ブログを作成していけるようになりました。

これに関しては多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいであります。

これからも釣り以外でも色んなことに挑戦し
「おもしれ~」と言われるような
ツボ的ブログを目指して頑張っていきたいと思います。

それでは、【やっさん、何かします。】
2ndシーズン、プレイボールです!!

※因みに多くの方から「真面目に釣りしていないと」いう
 意見を耳にしますが、本人は結構真面目に釣りをしていますので
 ソコのところご了承願います(切実)。

パワースポット

Posted by やっさん on 20.2010 海・根魚全般 0 comments 0 trackback
2010.4.18(Sun)

PM6:00~



釣行場所:北斗市
ターゲット:ソイ
同釣者:同僚A氏




あまりの多忙に1日28時間ぐらい欲しい自分です。
更新が遅れたことをお詫びいたします。
釣行の記憶がそろそろ忘却の一途を辿っている為
サクサクッと書いていきます。

当日、我が師匠M先生と下海岸へ山菜を取りに行き
お裾分けをしようと同僚のA氏に電話。
早速取りに来て頂き、お裾分け。

するとA氏気合の入った勝負服(釣りの格好)。
どうしたんですか?と尋ねると
近場でマスやってたけど全くダメだったらしく
かなりフラストレーションが堪っていたようだったので
夕方だし、そろそろソイでもやってみますか?と打診。

あっさり了承。
しかし、A氏はソイのワームフィッシングも初めてだったので
一連の道具(ワーム・ジグヘッド)を渡し
いざ出陣。

いつも困ったときは出向くパワースポットこと
北斗市の上磯漁港へ向かう。

到着し、準備を済ませ外海へ―。

「こんな風にやるんですよ~」とレクチャーすると
あっさりかわいいソイGET。
KM01.jpg
↑これで初体験モノ4連勝です。恐るべしA氏。

自分もかろうじて2匹の逆にマブいサイズのソイをGETし
気持ちよくなったところで試合終了。

A氏はすっかりロックにもハマってしまいました。
なんかこういう釣りに良い感じでハマっていく人を見ると
趣味を共感できるというか…とても良い気持ちになれます。

でも、それと同時に年内には自分のレベルを超えられそうな
予感がした瞬間でもありました。



でも、楽しいからOK♪



今回のタックル
■ロッド
--- --- 602L
■リール
SHIMANO '09AERNOS XT 1000
■ライン
Daiwa JUSTRON 2号Blue
■HITワーム
deps DEATHADDER 4"パールホワイト/シルバーフレーク
ECOGEAR GRASSMINNOW L カタクチ・チカチカ室蘭


久し振りの師匠!

Posted by やっさん on 18.2010 旧【やっさん】倉庫 3 comments 0 trackback
2010.4.18(Sun)

今回も今が旬の山菜【行者ニンニク】採取をしに
我がアウトドア人生の師匠ことM先生と一緒に下海岸へと向かった。

現場に向かう最中、自分には好都合な雨が降る。
花粉症である自分には、雨により花粉が飛散しないことが
何よりの幸運である。

今回はM先生の山菜ポイントで採取するということなので
どんなにでかい行者ニンニクが採れるかとワクワクしていた。

林道に入り、暫らく走ること10分。現場に到着。
身支度を整え山へ入る。
山に入って5分後、M先生が
「この斜面にいっぱいあると思うよ」と一言。

どれどれ・・・

うぉ~!!かなり生えてる!!
しかも太いのばっかり!!

ざっくざっく採集し、
約2時間程度で袋一杯に。

そこで自分は満足したのだが、
流石は師匠。まだやります。
M先生:「次行くよ~」

次のポイントはやや危険ゾーンということなので
到着時に車のクラクション+採取現場にて爆竹を鳴らし
野生動物へ音で山に入っていることを伝える。
沢付近で動物の足跡(やや新しい)を発見。
馬か熊かということらしいが…(先生談)

ソコには今までに無い太くて大きな行者ニンニクが
沢山生えていた。
すっげ~!!と、沢山採取していたら先生が

「ところで三枚葉は採っていないよね?」

三枚葉…とは??

これです↓
GN002.jpg
↑太くてでかく、三枚葉っぱが有るのが特徴。

普通のと比べてみると…
GN003.jpg
↑分かりますか?

この三枚葉は、行者ニンニクとして普通に食すことが出来るのですが、
一般の行者ニンニクと違い、種子を撒いてくれるタイプ
すなわち行者ニンニクの女性…ということなのだ。
よって、山菜取りの常連さんでは手を付けないというのが
鉄則であるらしい。(それでも今では結構採られちゃうようですが…)

山菜取り初心者の自分は何も知らず、
5本くらい採取してしまった…。
無知とは大変なことだと実感した瞬間です。

そんなこんなで時間は既に昼になり
採集活動を終了。
本日の成果はこんな感じ。

GN001.jpg
↑この5倍以上は採れました。
※椎茸は鮭釣りでいつもお世話になっているGさんの所で
栽培している椎茸。購入してきました。美味しい!!

いつもより沢山採れたので、
知り合いの方にお裾分けをし
今が旬の春を味わっていただきました。
意外と皆さん喜んでいただけるようで…。

おそらく行者ニンニクも次回くらいが
ピークかな?
次は何を狙おう…