お久しブリーフ。

Posted by やっさん on 21.2011 海・イカ 4 comments 0 trackback
やや

更新されている
びっくりしましたか?
やっさんというか、なんだか多分ぐっさんです(汗)






色々と諸事情がありました。
書き綴ると長くなりそうですので
シンプルに説明しますと…







盆明けから現在に至るまで埼玉県で生活しています





と、いうわけで
今年のサーモンシーズンを泣く泣く断念






釣りをしない生活がスタート致しました。



当初の予想では


1週間もしないうちに
ムラムラしはじめ
近所の釣具屋で
激安タックルを調達し
函館では釣れない魚を
フィッシュオン



という方程式を立てていたのですが
予想を大きく裏切り
現在に至るまでこちらで釣りをしていません






そして、先日
一時帰宅許可がおりましたので
約1か月半ぶりに函館へ帰省



2日間の猶予があったので
ここは一発サーモン…することなく無難に
エギングをすることにしました。



釣果はサクサクっとマメイカを十数杯ゲットし、
函館のフィッシングを満喫することができました


hk000.jpg





ライトタックルで挑んだ為
なかなか楽しかったです。



翌日は
お馴染みの熟女…じゅく… … …???
えぇと、管理人さんと楽しくエギングというより
ジブリトークで盛り上がり函館ラウンド終了。



hk001.jpg




しばらく見れない100万ドルの夜景を脳裏に焼き付け
埼玉に戻りました
































スポンサーサイト

結局美味しかったからヨシとしよう。

Posted by やっさん on 27.2010 海・イカ 0 comments 0 trackback
2010.1.18(Mon)PM


釣行場所:函館市
ターゲット:ヤリイカ
同釣者:ロンリー釣行


初釣行地域タイトルマッチ3連戦
最終戦VSヤリイカ


ガルプでもサビキでもダメ。
もう、何をしてもうまくいきそうに無い展開に
諦めを感じたが、それでももしかして…を期待し
到着した最終地点新湊漁港。

到着すると、港内で何人かのルアーマンが
サクラを狙っているのか竿を振っていた。
自分はいつもの場所で浮き釣りの用意をする。

外海は相変わらず地元の常連さんの独壇場(密集地帯)。
いつもの場所は安・近・単(安全・近い・単発で釣れる)で評判の為
人は自分を含め3人しか居ないことをいいことに
広々と場所を使わせてもらうことにした。

いつもなら竿を2本出す自分も
今日は1本しか竿を出さず、
ダメだったら早々と帰宅し温泉にでも行こうと
決心していた。

1時間経過―
浮きに動きは見られない。
あまりに暇だったので塾長に現在の状況を
メールにてリアルタイム実況中継をしだす。
(この時から既に車からほとんど外に出ていません)

さらに30分経過―
いい加減もう居ないだろうと確信し
帰り支度の準備をすることに。
肩を落としながらリールを巻き巻きしていると手前10m付近で
テーラーに何か白い物体がスーッとついてきているのを目視する。
巻取りを一旦停め、黙ること数秒。

ス・・・(浮き沈む)

おおおっ!!

慎重にリールを巻く。
付いてる!付いてる!
海面に姿を見せた白い軟体系の生物は
もう近頃この辺ではあまり見ない走り屋スポーツカーの
シフトチェンジの際に見受けられるブローオフ音の如く
(この表現が分かる人ももう少ないだろう…)

プシュー!プシュー!と

元気な姿を見せてくれました。
(写真撮っておけばよかったな…)
推定30cm超えのヤリイカ。

群れが来たか?!と期待し
もうちょっとだけ粘るも、やっぱり前に記したように
ここは安・近・単。
単発で終了しました。

その後、鮮度がある内に美味しく頂く為
超急ぎで帰宅しイカ刺しを満喫したことはいうまでも無い…


やっさんVSヤリイカ
【結局釣ったけど、痛み分けってことで引き分け】


こうして2010年初釣りは海からのお年玉(もしくはお情け)のような
奇跡的なヤリイカ1杯GETで幕を閉じることになった。

と、いうことで、
次の休みはそろそろアレに行かないと
ならないだろうな…アレ…
ハァ・・・釣れるかなアレ…。



----- おわり -----



やっぱり写真がないと釣り場の雰囲気がイマイチ出ないなぁ。
次からは寒くても撮影するようにしますので、
今回はご勘弁願います。

イカ、どこへ行った?

Posted by やっさん on 21.2009 海・イカ 0 comments 0 trackback
2009.12.19(Sat)PM

釣行場所:市内漁港
ターゲット:イカ
同釣者:A氏

今回は前々から計画していた
イカイカDay。

風・波共に気にならない状態で
爆釣が期待できる…と思っていました。

PM4:30に現地に到着し
テーラーにササミを巻いてウキを光らせて
レッツトライ!!

したのですが…

1時間たっても

2時間たっても

3時間たっても

音沙汰無かったんで、

ポキッって
心が折れて納竿。

途中、イカの天使Mさんに
来てもらって、イカ呼んでくれないかなぁと
待っていたのですが、
どうやら今日は日が悪かったみたい…。

ついでに風邪が悪化したみたいで
鼻づまりがひどく
普通に喋っていても

あどで~
ぼぐで~

ってな具合の日村節になっております。

イカ天使さんが空を見て
ア!!っとしてたので
どうしたのと尋ねると
イカリングではないけど、漁火で起こる
何か…のようです。

思い出に1枚パシャリしておきました。
Ika01_20091221224910.jpg
↑漁火で起きる何かのようです。月の周りをご覧下さい。

次は本当に何か釣りたい。
2009年終わってしまうよ…。

「ゲッソー」でピンときたらマリオ世代です。

Posted by やっさん on 21.2009 海・イカ 2 comments 0 trackback
2009.11.19(Thu)PM


釣行場所:とある市内の漁港
ターゲット:ゲッソー、つまりイカ
同釣者:同じ職場のAさん


ここ最近、ターゲットの欄が鮭ばかりなので
気分転換にイカを狙ってみることにした。
と、いうより前々から職場でイカを釣ってみたいと言う
Aさんの希望に応えるというのが本当の理由です。

と、なればさすがにAさんには釣っていただかなければ
いけないと言うわけで、何か優良な情報を持っていないか
めだかの親分に頼んでみることに。

「市内の某漁港で結構上がっているみたい」

さすが親分(?)!!
信頼性抜群じゃないすか!!と場所が確定した。

で、この漁港にPM3:30到着。
この時、正直前回の鮭不発を引きずっており
かなりどうでもいい状態だったガイド失格の自分に
追い討ちを掛けるかの如く容赦無く叩きつける雪寸前の雨。

この瞬間でもう止めにしようと何度か思ったが
Aさんのイカに対する淡い初恋にも似た感情に
自分の本音を押し殺すことに決めた。

で、今回イカ釣りということなので狩猟パターンである
1.エギ  2.ウキ
のスタンダードパターン(コレしか思い当たらないが…)を
レクチャーする。

で早速狩り開始。
と、開始早々猛烈にウキが沈んだり、倒れたり、ラジバ…でなく
HIT!!
親分の情報の的中率の高さに度肝を抜かれたが幸先よく1杯目。

ika01.jpg
↑念願のイカGETに大喜びのAさん。ガイドし甲斐があります。

思った以上にイカの群れが濃かったので
情報提供者である親分に連絡してみると
あら不思議。のサプライズゲストとして登場。
ika02.jpg
↑情報提供者の親分。隠し方が…違うか~。

その後イカRUSHが数発発生し、
気が付けば生け簀にズッシリ。
となれば、お馴染みの鮮魚店をオープンさせましょう!
と、いうことで近隣に住む同僚のW氏を呼び、お裾分け。

まさかのヤリイカに大変喜んで頂いて
こちらも釣った甲斐があったなぁと大満足の釣行となりました。

もちろん、親分にもお裾分けしたことはいうまでも無い。
親分、サイコーっす!!!

で、これが本日のお裾分けを除いた釣果です。
ika03.jpg